Many people on the crosswalk.

野村アセットマネジメントとの戦略的提携

お客様に対するソリューション強化

野村ホールディングスとアメリカン・センチュリー・インベストメンツ(以下略、ACI)は、7年以上にわたり戦略的提携を結び、世界中の広域な顧客にとって有益な、新しい市場への投資機会を提供してきました。両社の商品と地域展開の面でほとんど重複がないため、この戦略的提携により、日本とアジアにおける野村グループのネットワークと、米国におけるACIのネットワークを相互に活かすことができます。その結果、世界中の販売会社と顧客サービスのネットワークに支えられた、地域横断的な能力の向上が実現しました。

両社は、今後も協業体制の整備を進め、さらなる成果拡大に向けて、引き続きフレームワークを強化することに取り組んでまいります。ACIのCEOならびに野村アセットマネジメントのCEOを共同委員長とする「ビジネス・オポチュニティ委員会」では、お客様のために更なる商品開発を共同で追求しています。

View of Tokyo, Japan.

野村ホールディングスは、2016年5月19日、ACIの経済的株式持分約41%を取得しました。野村ホールディングスは、アメリカン・センチュリー・カンパニーズの取締役会11議席のうち2議席を保有しています。

Mr. Nomura Tokushichi.

野村グループについて

野村グループは、グローバル金融サービス・グループとして、世界30カ国・地域を超えるグローバル・ネットワークを有しています。東西の市場を結び、リテール、ホールセール(グローバル・マーケッツとインベストメント・バンキング)、インベストメント・マネジメントという3つの部門を通じて、個人投資家、金融機関、事業会社、政府機関のニーズに応えています。野村グループは、1925年に設立された「野村證券」から始まり、規律ある起業家精神の伝統に基づき、創造的なソリューションと思慮深いソートリーダーシップで、お客様にサービスを提供しています。

1959年に設立された野村アセットマネジメント(NAM)は、東京に本社を構える野村ホールディングスの完全子会社であり、ロンドン、フランクフルト、シンガポール、香港、ニューヨークを含めグローバルに14のオフィスを構えています。

野村グループは、世界中の約26,000名の従業員の洞察力を原動力に、お客様のご要望を第一に考え、アジア地域において圧倒的なサービスを提供しています。

価値観と企業文化の共有

野村グループの創業者である野村徳七は、「顧客第一の精神」を理念に掲げました。同様に、 ACIの創業者、ジェームス E. ストワーズ・ジュニアは、「お客様が成功することが、結果的に自分たちの成功につながる」との信念を持っていました。 現在では、野村グループとACIは引き続き、「顧客第一の精神」という両社の創業者の基本理念を土台としています。

Nomura Asset Management Sign.

数字で見る戦略的提携*

運用資産

アメリカン・センチュリー:2,300億ドル

野村アセットマネジメント:5,310億ドル

グローバル拠点数

アメリカン・センチュリー:9

野村アセットマネジメント:14

運用プロフェッショナル

アメリカン・センチュリー:207人

野村アセットマネジメント:354人

世界中の従業員数

アメリカン・センチュリー:1,400人以上

野村アセットマネジメント:1,300人以上

アメリカン・センチュリー・インベストメンツと野村アセットマネジメントのデータは、2023年12月31日時点です。

アメリカン・センチュリー・インベストメント・マネージメント(アジアパシフィック) リミテッドは、 証券・先物管理委員会 (「SFC」)からのタイプ1およびタイプ4の登録資格を保有しています。この資料は情報提供のみを目的として作成されており、当該資料に記載されている有価証券やアドバイス、サービス、投資戦略または商品を提供、販売の推奨や購入の勧誘をすることを意図したものではありません。この資料の内容は、規制当局によってレビューされていません。アメリカン・センチュリー・インベストメント・マネジメント・インクは日本で登録されていません。

当ホームページは、英語版で作成されてコンプライアンス審査を行い、それを日本語版に翻訳したものです。英語版と日本語版が同じ意味になるように最善を尽くしておりますが、仮に不一致があった場合は英語版の文言が優先します。

Copyright 2024 American Century Proprietary Holdings Inc. 無断転載禁止